体操のご紹介
Rehaエース公式ブログ Rehaエース採用募集中! Rehaエース体験利用実施中! Rehaエース推奨の体操のご紹介
体操のご紹介

Rehaエースが推奨する体操を紹介します。

当施設では、皆様ひとりひとりの状態を把握して、最適なプログラムを作成いたします。
ご自宅でも最適なストレッチ体操をすることができます。
1つのストレッチは1分程度ですので無理なく行うことができます。
是非、皆様だけのオリジナルストレッチ体操プログラムを体験してください。

①股関節等のストレッチ

※股関節の内側の筋等をストレッチしていきます。ゆっくりと呼吸を行いながら実施しましょう。



②股関節・体幹のストレッチ

※股関節と体幹は密接な関係があります。同時にストレッチをかけることで下肢と体幹の柔軟性を高めていきましょう。



③膝伸ばしストレッチ

※太ももの前面の筋肉を強化します。しっかり伸ばせるところまで伸ばし筋肉に力が入る部分を意識しましょう。



④かかと上げストレッチ

※ふくらはぎの筋肉の収縮を促し、循環を促進することでむくみや老廃物が溜まらないよう予防しましょう。



⑤つま先上げストレッチ

※足のすねの筋を十分に収縮させましょう。バランス能力に必要な筋の1つです。



⑥両腿あげストレッチ

※股関節の筋と体幹の筋を同時に収縮させます。苦しい姿勢となりますが呼吸は止めず行いましょう。



⑦タオル体幹ストレッチ

※タオルを使用し、体幹の側方の筋をストレッチしていきましょう。



⑧ふくらはぎストレッチ

※ふくらはぎの筋を十分にストレッチしていきます。あまり強く引っ張りすぎず、気持ち良い範囲で伸ばしていきましょう。



⑨ふくらはぎ膝裏ストレッチ

※ふくらはぎから膝裏には長い筋肉が付着しています。膝を曲げた状態だと伸び切らない筋が伸びますので膝が曲がらないよう注意してあげられるとこまで無理なく行いましょう。



⑩体幹回旋ストレッチ

※体幹の筋群をストレッチしていきます。頸部も同時に回旋するように意識しましょう。腰に不安のある方は無理せずできる範囲で行いましょう。



⑪肩まわしストレッチ

※肩の筋のストレッチと筋をほぐす効果があります。血行を促進することで肩こりの予防をしていきましょう。



⑫ボール体操ストレッチ

※太ももの内側の筋肉を鍛える運動です。股関節に既往があるかたは無理せず行いましょう。歩行に必要な筋群を強化できます。



⑬ボールつぶしストレッチ

※膝裏~腿裏の筋を強化するトレーニングです。バランスに必要な筋を働かせていきましょう。



⑭上肢ボールつぶしストレッチ

※胸筋の強化や上腕の筋を連動して働かせることができます。呼吸を止めずにゆっくりと行いましょう。



⑮脇下ボールつぶしストレッチ

※胸部や腋窩、肩周囲の筋力を強化することができます。姿勢が崩れないよう注意して行いましょう。



⑯ダンベルストレッチ(前方拳上)

※肩関節の筋群の強化を図ります。90°程度の角度までゆっくりと上げましょう。



⑰ダンベルストレッチ(側方拳上)

※肩関節の筋群の強化を図ります。肘が曲がらないようにゆっくりと上げましょう。



⑱ダンベルストレッチ(肩拳上)

※肩を挙上します。頸部の筋の強化も図ることができます。腕は動かないよう、肩の動きを意識して取り組みましょう。



⑲ダンベルストレッチ(上腕)

※二の腕の筋肉を強化する運動です。力こぶができるイメージで動かしていきましょう。



⑳脳トレーニング

※身体を動かすには脳の指示が必要です。身体を動かしながら脳への刺激を入れて脳も体も健康に保ちましょう。



PAGE TOP